ホーム > AGAについて


・AGA(エー・ジー・エー)とは?
・AGAの特徴は?
・AGAを治療するには?
・プロペシア錠ってどんな薬?
・「プロペシア錠」を服用したい方は?




Androgenetic Alopecia(男性型脱毛症)の略です。


「男性に最も多くみられる脱毛症」

AGAは他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、
または双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。細くて短い髪の毛が多くなり、全体
として薄毛が目立つようになります。一般的にDHTや遺伝子が関係するといわれています。
(*DHTとは、ジヒドロテストステロンの略で、AGAの原因物質です。)

AGAは進行性で、何もしないでいると徐々に進んで行きます。進行を抑えるためには早めの
ケアが大切です。                                             

AGAについて医療機関で相談できる時代になりましたので、抜け毛・薄毛が気になっている
なら、あきらめる前に医師に相談して見ましょう。




1、家族に髪の薄い人はいますか?
   両親・兄弟・祖父母に髪の薄い人がいる。

2、いつごろから抜け始めましたか?
   思春期より後になってから抜け始め、徐々に薄毛が進行している。

3、抜け毛が気になりますか?
   シャンプーやブラッシングした時の抜け毛や、枕元に残った抜け毛
     が多くなり気になる。

4、どの部分から抜け始めましたか?
   額の生え際が後退してきた。
   頭頂部の髪の毛が薄くなった。
   額の生え際と頭頂部の両方が抜け始めた。

5、髪の毛にハリがありますか?
   うぶ毛のような細くて短い髪の毛が多くなり、ハリ・コシがなくなった。

5つの質問の下にある記載はいずれもAGAの特徴を示しています。




AGAの治療薬には、飲むタイプと頭皮につけるタイプがあります。

  飲むタイプの治療薬としては、「フィナステリド」があります。

  頭皮につけるタイプの代表的な治療薬(医薬品)としては、
   「塩化カルプロニウム、ミノキシジル」があります。

AGAのほかに様々なタイプの脱毛があり、それぞれ対処方法が異なります。
  また、AGAの治療薬には、一般に市販されていないものもありますので、
  自己判断せずに、医師の診断のもとに適切な治療を受けることが大切です。

AGAは医師に相談しましょう。




どのくらいで効き始めますか?
AGA(男性型脱毛症)は進行性であるため、髪の毛を増やすことのみでなく、抜け毛の進行
を遅くし、現状を維持することも治療効果です。治療効果は抜け毛が減ったかどうかが目安
となり、その判定には通常6ヶ月の服用が目安となります。                   

なぜ「プロペシア」は、効くのでしょうか?
抜け毛の原因であるDHTの産生を抑え、抜け毛の進行を抑えます。

塗るタイプの育毛剤・発毛剤と一緒に使えますか?
頭皮につけるタイプの育毛剤と一緒に使っても問題となった報告はありません。

女性は使えますか?
使えません。男性のみ服用して下さい。
女性の適応はありません。       
※妊娠中の婦人が本剤を服用すると、男子胎児の生殖器管等の異常発育に影響を及ぼすおそれがあります。




1、自費診療になります。(保険適応外) 
2、医師による診察が必要になります。
3、別途、お薬代がかかります。
4、受付または外来看護師に「プロペシアを!」と一言お声をかけてください。

お問合せ先   いがらし内科外科クリニック 024-931-3200

 

     
ホーム交通アクセス│医療法人やすらぎ会 福島県郡山市並木二丁目12-7 TEL 024-931-3200 FAX 024-931-3350